フルハーネス対応のベストも人気!バートルの空調服

現場で涼しく過ごせることで、様々な業種で活用されている空調服ですが、まだ試してみたことがない方も多いのではないでしょうか。近年では、作業服としてだけではなく、一般の方の着用も増えています。機能性だけでなくデザイン性に優れたものも多く、特にバートルの空調服は毎年売り切れてしまうほど人気です。

今回は、空調服を選ぶ際のポイントやバートルの各タイプのおすすめ製品についてご紹介します。

空調服とは?選ぶ際のポイント

そもそも、空調服とはどういったものなのでしょうか。空調服は、小型ファンを取り付けた服で、エアコンが使えないような現場で快適に作業するために開発されました。多くのメーカーから様々なタイプが販売されていますが、基本的には、ファンによって取り込まれた外気が体の表面に流れることによって、汗が気化し体温が調節されるという仕組みを利用しています。

着用することで、連続での作業が可能となり仕事の効率化に繋がったり、エアコン代などの経費削減に繋がったりといった効果が期待できるため、多くの企業が積極的に取り入れている、画期的な製品です。工事現場や建設現場、夏場の農作業など屋外での着用に加え、イベント会場や工場など屋内でも有効に活用されていますが、最近では一般の方の使用も増えており、ガーデニングや散歩、アウトドアといった場面での熱中症対策としても効果を発揮しています。

空調服を選ぶ際には、小型ファンを動かすバッテリーの強さや生地の素材など、機能面によって価格帯も変わって来るので、どの程度のものが必要か使用用途に合わせて選ぶと良いでしょう。生地は、綿かポリエステルを使ったものが多いですが、気密性や耐久性に関して現場によって適性があるため事前に確認が必要です。

形についても同様で、各タイプにそれぞれメリットがありますが、作業内容によっては長袖であることが必須の場合もあります。そのため、着用時の涼しさやデザイン性だけでなく、用途に合った質であるかに着目して選ぶのがポイントといえます。

バートルの空調服「エアークラフト」の特徴

バートルは、スタイリッシュな作業着を創り出しているワークウェアブランドで、2017年からエアークラフトという独自の空調服のラインを展開しています。その機能性やデザイン性は毎年進化していて、現場で働く様々な業種の方から支持されており、新作が発表されると予約の段階で売り切れが続出するほどの人気を博しています。

ベストタイプ・半袖タイプ・長袖タイプがあり、種類は多くはないですが、それぞれ機能面だけでなく素材やデザインにこだわっており、他のブランドとは一線を画すラインナップとなっているのが人気の理由です。空調服の機能性において最も重要ともいえる小型ファンは、京セラによって製造された安心の高性能ファンで、定番のブラックの他に、メタリックシルバー・メタリックレッド・オーシャンブルーと限定色を展開しているのも、細部のデザインにまでこだわるバートルらしい特徴のひとつです。

また、2020年時点で業界最高の12Vという高出力バッテリーを採用しており、圧倒的な風量で、トップクラスの涼しさを実現しています。高性能で稼働時間も長く、12Vで1時間使用した場合は自動的に10Vに下がりますが、その他8Vまたは6Vと4段階で切り替え可能となっており状況に合わせた調節ができます。

→作業現場の熱中症対策ならこれ!バートルの空調服ベストac1024はこんなに凄い!

ベストタイプの特徴とおすすめ製品

ベストは、男女ともに様々な場面で活用しやすく、毎年人気の高いタイプです。インナーには、バートルから発売されている、肌に密着した形で冷感素材のものを着用すると、素早く汗が気化し炎天下でもより高い冷却効果が期待できます。

他のタイプに比べ比較的価格が抑えられているのに加え、フードが付いたパーカー型など一般の方でも気軽に普段着に取り入れられるカジュアルなデザインが多く、人気を集めています。特にバートルのAC1134は、作業着としては珍しく綿100%となっており、タウンユースやアウトドアでの使用を想定したカラー展開やシルエットなどデザイン性の高さが魅力です。

半袖タイプの特徴とおすすめ製品

半袖は、袖から流れる風で脇や腕が冷やされ涼しく感じる方が多く、長袖より動きやすいため、建設や運送といった多くの業種で人気を集めています。

なかでも、バートルのAC1076は、撥水性に優れシワになりにくいポリエステル100%であるのに加え、裏地のアルミ加工によって遮熱効果があり、人気のインディゴなどを含む全5色展開で、特に作業服として最適の製品です。

首元に調節ひもが付いており、風の通りを調節できるといった涼しさを感じやすい工夫も魅力のひとつです。

長袖タイプの特徴とおすすめ製品

長袖は、ベストや半袖に比べると暑そうなイメージがありますが、腕が覆われているため全身に風が巡り涼しさを感じやすいのが特徴です。肌を隠す必要がある作業現場などで活用されていますが、腕が風で膨らみ手元が見えにくい製品もあるため用途に合わせて選ぶ必要があります。

バートルのAC1121Pは、アームタックが入っているため、長袖タイプのなかでは袖が膨らみにくく動きやすいのが特徴です。また、デザインにバリエーションが少なかったこれまでの空調服のイメージを覆す、スタイリッシュなカモフラ柄が人気を集めています。

バートルの空調服はハーネスにも対応!

2019年2月より、建設業では5m以上、その他の業種でも6.75m以上の高さで作業を行う場合は、フルハーネス型安全帯の着用が義務化されました。作業における安全性の確保を目的とした計画ですが、夏場の着用は体に大きな負担がかかるため、空調服の活用がより注目されています。

空調服でフルハーネスを着用するには、背中部分にランヤードを取り付ける穴が開いていることや、胸部分にフックが掛けられるようになっていることなどの条件があるため、購入時には注意が必要です。バートルからも、各タイプのフルハーネス対応の製品が展開されていますが、ベストタイプは特に高い人気を誇っています。

AC1094は、軽くて涼しさを感じやすいポリエステル100%の素材を使用し、カジュアルなフード付きデザインと使いやすいカラー展開となっており、男女ともにおすすめの製品です。

機能的でデザイン性の高いバートルの空調服で、快適な作業環境を

フルハーネス着用の義務化でますます注目が高まっている空調服ですが、バートルのエアクラフトなら、機能面だけでなくデザイン面でも納得できるものがきっと見つかります。用途に合わせて形や素材を上手に選ぶことで、様々な業種で快適な作業環境を実現できるはずです。

ぜひ一度、バートルの空調服をチェックしてみてはいかがでしょうか。